top of page

AIが拓く新時代のブランディング:CREAD

みなさん、こんにちは。


本日は、AIの革新に伴い、新たな時代の幕開けを告げる「CREAD」のローンチについてご紹介します。株式会社既読(KIDOKU Inc.)は、マーケティングとクリエイティビティを駆使し、企業の新しい挑戦を支援しています。


今回は、特にB2Bマーケティング担当者の皆様に向けて、CREADがどのようにビジネスに貢献できるかを詳しくお伝えします。


CREADとは?

CREADは、AI技術を駆使した次世代のマーケティングソリューションです。ターゲットとのコミュニケーション設計からコンテンツ制作までを一貫して行い、顧客のニーズを的確に捉え、効果的な情報発信を実現します。



コンテンツマーケティング市場の成長

日本国内のデジタルマーケティング関連サービス市場は、2020年に4,305億円であり、2025年には6,102億円に拡大すると予測されています。2020年から2025年の年間平均成長率は7.2%と推計されています。このような市場成長の中で、質の高いコンテンツはブランド認知を高め、顧客との信頼関係を築くための重要な要素となります。

@perplexity


新サービス「CREAD」の特徴

CREADは、企業がコンテンツや広告として提供しても問題ないレベルのクオリティのAIツールを厳選し、これまで既読社が培ってきたマーケティングや事業支援のナレッジを盛り込んだ「企業が使える」サービスです。


例えば、以下の画像はテキストの案をもらえれば、一枚約5分で制作完了します。このスピード感と既読社のナレッジを掛け合わせ、マーケティングとブランディングのニーズに応じた高品質な静止画コンテンツをコスト効率良く提供します。



CREADのベネフィット

CREADには以下の3つのベネフィットがあります。

  • 上質:AI技術で短期間で高品質なクリエイティブを実現。

  • 安い:従来の制作コストを大幅に削減。

  • ブランド効果:複数チャネルで統一されたブランドメッセージを展開。

ただ安価であるだけでなく、コミュニケーション設計を含めた制作を行うため、制作に対するマーケティング効果も考慮しています。また、AIを活用したマーケティング支援も含まれたパッケージも提供しています。


まとめ

CREADのローンチは、AI技術によって企業のマーケティング活動を一新する大きな機会です。質の高いコンテンツマーケティングを通じて、ブランド認知を高め、顧客との信頼関係を築くことができます。私たち既読は、マーケティングとクリエイティビティを融合させ、新しい時代のビジネスを支援します。

皆様も、ぜひこの機会にCREADを導入し、AI時代のマーケティング革新を共に体験しましょう。

Comments


bottom of page